sora tob sakana

musician

sora tob sakana

2014年7月結成。
音楽プロデュースを照井順政(ハイスイノナサ、siraph
etc)が手掛けており、ポストロック、エレクトロニカといったジャンルのサウンドを基調にした物語性の強い楽曲とイノセントな歌声、表情豊かなパフォーマンスが唯一無二の世界観を作り出している。
2015年10月27日に「フジヤマプロジェクトジャパン」よりシングル「夜空を全部」をリリース。
その後、シングル「魔法の言葉」、アルバム「sora tob
sakana」、ミニアルバム「cocoon
ep」と立て続けにリリース。2017年4月30日には恵比寿LIQUIDROOMにて初の全編band
setでの単独公演「月面の音楽隊」を開催、チケットはSOLD OUTとなった。
2018年2月12日には中野サンプラザにて主催イベント「天体の音楽会」を開催し、ワーナー
ブラザース
ジャパン、ポニーキャニオンというタッグを得て、様々な展開を行うことを発表。
5月16日にミニアルバム「alight
ep」にてメジャーデビュー。さらには7月1日には東京
国際フォーラムホールCにてワンマンライブを開催、大成功をおさめた。
7月から始まるTVアニメ「ハイスコアガール」のOPテーマを担当し、同テーマ曲収録のシングル「New
Stranger」を7月25日にリリースした。
2019年3月13日にはメジャー1stフルアルバム「World Fragment
Tour」をリリースした。