ゆるめるモ!

musician

ゆるめるモ!

退屈な世の中をかき回す4人組ガールズニューウェーブグループ。街頭スカウトで集めたメンバーで2012年10月4日結成( けちょんは唯一のオリジナルメンバー)。2013年9月にしふぉん・ようなぴ・あのが加入して現メンバー4 人全員がグループ内に揃う。ニューウェーブを軸にエレクトロ、クラウトロック、シューゲイザー、ハードコア、ヒップホップ、アンビエント、テクノ等々、多彩なジャンルを内包したやりたい放題なサウンドの楽曲を展開。POLYSICS、DOTAMA、ナカコー(ex.SUPERCAR)、後藤まりこ、ヤバイTシャツ屋さん、ヒステリックパニック、ギターウルフ、MIYAVI、氣志團、大森靖子、ワンダフルボーイズ/天才バンドのSundayカミデ、ミオヤマザキ、R指定、坂田明、ヒカシュー、非常階段、cinema staff、アーバンギャルド、Deerhoof、of Montreal、バッファロー・ドーター、ドラびでお等のジャンル・世代を問わないミュージシャンとの共演・コラボレーションも特徴。過去にリリースした楽曲は80曲を超える。2015年には主演映画「女の子よ死体と踊れ」が全国公開され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に正式出品。これまでバンダイ、ヴィレッジヴァンガード、アフェクター、キングリーマスク、セックスポッドなど数多くのアパレルブランドとのコラボでも話題に。サマーソニック、FREEDOM NAGOYA、でらロックフェス、Spring Trippin' Ishigaki、夏の魔物、りんご音楽祭、焼來肉ロックフェス、sea of green、しゃちフェス、WakeUpFestival(台湾)、TOKYO IDOL FESTIVAL、@JAM EXPO、マグロックフジソニック、ピーナッツキャンプ、RESORT JAM、やついフェス、ハルバンなど、数多くのフェスやサーキットイベントにも出演。海外での人気も高く、ベトナム・台湾・上海・香港・バンコク・韓国といった海外での公演も計10回に渡って実施。2018年10月10日にはシングル『NEVER GIVE UP DRUNK MONKEYS EP』をリリースし、2019年1月5日のZepp Tokyo、1月26日のZepp Namba を含むツアーファイナルも大成功。2020年には4枚目のフルアルバム『サプライザー』を発売することも発表。2019年の夏ツアーも決まっている。