栗コーダーカルテット

栗コーダーカルテット
  • web
  • twitter

MUSICIAN

栗コーダーカルテット
1994年結成。現在のメンバーは、栗原、川口、関島の3人。
一聴するだけで「あの音だ!」とわかる唯一無二のサウンドは、NHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」などでもお馴染み。テレビやラジオでその音楽を耳にしない日はない。映画、テレビ、CMへの楽曲提供を含め、作品CDは100を超える。2005年にカバーしたスター・ウォーズ「帝国のマーチ」のヒット以降、ウクレレや身近な楽器を使った脱力系バンドという側面がクローズアップされ、メディアで取り上げられることもしばしば。近年は国内外のコンサートホールなどで年間100本を超える公演を行い、あらゆる世代から歓迎されている。2014年、20年間を俯瞰した2枚組のベスト盤「20周年ベスト」を発表。同年7月に結成20周年コンサートを渋谷公会堂にて開催した。2015年より栗コーダー&フレンズとして、ビューティフルハミングバード、元たまの知久寿焼らを伴って3年間に渡るアジア5カ国との文化交流プロジェクトを推進中。今年3月に同メンバーにて、各国でも人気の「おさるのかごや/砂山」のシングルをリリースした。
今回はワールドスタンダード他で活躍するギタリストの安宅浩司を迎えて演奏する。

GET TICKET