ヒナタとアシュリー

musician

ヒナタとアシュリー

どこかさみしくて、どこか優しく、つよい。
2016年2月に結成の栃木県宇都宮から生まれた2人バンド。
ヒナタミユ(Vo)が、20歳の夏に鼻歌と買いたてのギターでオリジナル曲を書き始め、軽い気持ちでライブをしていた頃にドラム・ギターを中心にあらゆる楽器をこなし、編曲・レコーディング・マスタリングまでを手がけるマルチクリエーター、トヨシと出会う。直後、本格的に活動を開始。
「誰かのためじゃない、誰かを救おうなんてことでもない。幼い頃からすぐ側に音楽があって、なんとなく歌い続けながら気付けば、歌うことでしか生きられない自分を救うために歌っていた。そんな音楽が誰かに必要とされたり、誰かを救うこともあると知った。」
日々の生活の中で溢れていく些細なさみしさや、情けなさ、一瞬の希望をポップでキャッチーながらも繊細なメロディ、リリカルで映画的な詞、日々の生活〜ファンタジックな非日常まで様々な情景を浮かばせる音楽で届ける。
栃木県内でのライブを勢力的に行いながら、東京でも定期イベントの主催や様々なライブに出演する形で活動中。
2018年3月 MX TOKYO ドラマ「#(ハッシュタグ)」のエンディング主題歌に抜擢され注目を集める。